2016/06/24開催 第2回タンパク質結晶構造解析ビームライン中級者向け講習会
(今更聞けないデータ処理プログラムの使い方、上手な回折データの取り方)
の講演スライド
 
     
   Session1      『XDSを使おう』  
       講演1 「PFでの回折データ処理ソフトの整備状況と今後」
山田悠介(高エネ機構)
PDF
       講演2 「XDSを利用して~HKL2000ユーザーがXDSを使用した率直な感想」
伏信進矢 (東大・院農)
PDF
       講演3 「XDSを使おう トラブルシューティング編」
陳明皓 (北大•院理)
PDF
       講演4 「PFビームラインでのXDS自動処理とその活用」
山田悠介 (高エネ機構)
PDF
   Session2      『効率的かつ効果的なデータ収集を目指そう』  
       講演5 「取得効率やX線損傷を考慮したデータ収集例」
藤橋雅宏 (京大・院理)
PDF
       講演6 「PFビームラインでの全自動測定開発の現状」
山田悠介 (高エネ研)
PDF
       講演7 「その他PFビームライン開発の最新情報」
引田理英, 山田悠介 (高エネ研)
 
   Session3      『スクリーニングで析出した結晶をうまく回折実験にもって行こう』  
       講演8 「測定に向けた結晶の取り扱いについて-Diamond LSおよびJAXAでの取り組みと現状」
岩田茂美 (JAXA)
PDF
       講演9 「PF結晶化ロボットによる結晶化条件探索と
           BL-17Aにおけるプレートスクリーニングの活用」
阪本泰光 (岩手医大)
PDF