KEK 冬の学校 2005

日時 : 2005年12月19日(月)〜22日(木)

場所 : KEK 3号館セミナーホール

講演に使われたスライドは 「プログラム」のページに pdf fileとして貼付けてあります。ご活用ください。


上記日程で修士課程(もしくは5年一貫制 博士課程1、2年次)の大学院生の方々を対象として冬の学校を企画いたしました。 以下に参加申し込みのご案内をいたしますので、よろしくお願いします。
加速器科学支援事業(KEK加速器セミナー) の一環として、旅費の補助なども行います。

なお、修士課程の大学院生以外の方々のご参加も歓迎いたしますが、 参加者の人数によっては、旅費補助を修士課程の大学院生に優先的に致しますので、 ご了承ください。
また、最終締め切りは11月25日(金)と致しますが、修士課程の大学院生の方々につきましては、 40人に達した時点で締め切らせていただきます。お早目にお申し込み下さい。

[概要]
弦理論、宇宙論、現象論の3分野に関して、以下の講師(敬称略)の方々に、 基礎から最近の発展へと結びつくような入門的講義をお引き受けいただきました。

川合 光 (京大) 「弦理論の提示する新しい時空像」
諸井健夫 (東北大) 「素粒子的宇宙論入門」
野尻美保子(京大基研) 「LHCの物理」

また、3人の方々の講義の他、関連した話題を集めて、各45分のセミナー を以下の方々にお願いしました。

小林 誠 (KEK) 「磁気単極子入門」
岡田安弘 (KEK) 「Electroweak baryogenesis」
萩原 薫 (KEK) 「電弱精密実験とLHCの物理」
濱田賢二 (KEK) 「量子重力的宇宙像 ―時空相転移とCMB異方性スペクトラム―」
吉田健太郎 (KEK)「AdS/CFT対応入門 ―最近の発展の理解へ向けて―」
夏梅 誠 (KEK) 「有限温度AdS/CFT: why interesting?」

[プログラム]
こちら をご覧下さい。 (postscript版タイムテーブルは こちら

[旅費補助]
修士課程の大学院生の方々には、旅費(交通費および宿泊費)の補助を支給いたします。 それ以外の方は、できるだけご自分あるいは周辺の方の研究費を使っていただくよう、 ご協力をお願い致します。但し個人の研究費を持っていない若しくは既に使い切ってしまった方 には、予算の許す限り(参加申し込み順に)旅費の補助をいたします。

旅費は口座振込となっておりますので、旅費が必要な方は以下の参加申し込みの手続きに 従い振込依頼書を送って下さい。

注1)航空機を使って来られる方は、冬の学校の期間中に利用便の運賃が入った何らかの書類、 領収書(搭乗日、便名、氏名が明記された物)の原本とチケットのコピーを必ず 提出して下さい。

注2)口座は本人名義に限ります。また郵便局への振り込みはできません。

[宿泊]
修士課程の大学院生用としてKEK内の宿舎(ツインのみ40室)をおさえてあります。
それ以外の方でKEK内の宿舎に宿泊を希望される方は、参加申込書の該当する欄にその旨 ご記入の上、希望される部屋のタイプをご指定下さい。 市内のホテル(アーバンホテル、ホテル東雲、ホテルオークラフロンティアなど)に宿泊を 希望される方は、*各自で*ご予約いただきますようお願い致します。

[参加申し込み]
 以下の2つの事が必要です。
1) 11月25日(金)までに 参加申込書 を切り取り、必要事項をご記入の上、e-mail で送ってください。

宛先:michiko@post.kek.jp
件名:winter school
(他の用件と区別する為、必ず件名を記入の事。)

2) 必要書類 をdownloadし必要事項をご記入の上、上記e-mailに添付ファイルとして貼り付けて送ってください。 万一不都合が生じた場合は, 必要書類をprint outしたものに必要事項を記入の上、 11月25日(金)必着で FAXもしくは郵送にて送ってくださっても結構です。

***上記締め切り後は旅費の補助、宿舎の予約などを当方では致しかねます。***
 旅費の振り込みに関する手続きが締め切り後に進行しますので、 直前の日程のご変更、キャンセルの無いよう、くれぐれもご注意下さい。
 申し込み確認のメールの送付は行いませんのでご了承下さい。

[問い合わせ先]
〒305-0801 茨城県つくば市大穂1-1
高エネルギー加速器研究機構 素核研 理論部
古舘 道子(秘書)
Phone: (029)864-5393
FAX: (029)864-5755
E-mail: michiko@post.kek.jp

[世話人]
北澤 良久、西村 淳、萩原 薫、岡田安弘


Back to Theory Group Home