KEK 理論研究会 2005

日時 : 2005年3月14日(月)〜17日(木)

場所 : KEK 3号館

2005年5月13日更新
講演のスライドをアップロードしました。


 弦理論および場の理論に関する最近の成果を集めて、上記の日程で研究会を開催します。

[概要]
弦理論の非摂動的研究は、行列模型や弦の場の理論といった手法を用いて精力的に行われておりますが、それらの更なる発展のためには、何らかの新しい視点や発想が求められているのが実情です。またこれと平行して、超対称ゲージ理論、現象論や宇宙論などへの弦理論の応用的研究も、互いに密接な関連を持ちながら進んでいます。以上のような状況を鑑みて、本年度は弦理論および関連する分野に的を絞って講師の方々をお招きし、現在までの理論的進展を概観しつつ、今後の発展につながる問題について活発な議論を行う場を提供したいと考えています。
 また、前年度の参加者の方々からのご提案を採り入れ、今回はポスターセッションの時間を設け、講演希望者を募る事になりました。 (但し、会場のスペースの都合で、申し込み多数の場合には、世話人側で講演数を制限させていただくことがありますので、予めご了承ください。)
[講演]
 講演者は来年の二月頃までに世話人の間で決定してお知らせ致します。 40分程度の講演を15〜17人くらいの方にお願いする予定です。
 今のところ研究会は14日は午後より、17日は昼頃迄の予定です。
[旅費補助]
 個人の研究費を持っていない若しくは既に使い切ってしまった参加者には 旅費(交通費および宿泊費)の補助を支給する予定です。 但し今年は例年に比べて予算が潤沢でない為、できるだけご自分あるいは周辺の方の 研究費を使っていただくよう、ご協力をお願い致します。
 旅費は口座振込となっておりますので、旅費が必要な方は以下の参加申し込みの手続きに従い振込依頼書を郵送して下さい。

注1)航空機を使って来る方は、1月31日迄に利用便の運賃が入った何らかの書類、 研究会期間中に領収書(搭乗日、便名、氏名が明記された物)の原本とチケットのコピー を提出して下さい。

注2)口座は本人名義に限ります。また郵便局への振り込みはできません。
[宿泊]
1)  学生用としてKEK内の宿舎(ツインのみ40室)
2)  市内のホテル(ホテル東雲、アーバンホテル、ホテルオークラフロンティアを各20室、 KEKへは送迎バスを出します。)

をおさえてあります。学生以外の方は参加申し込み書に希望順位をご記入いただければ、申し込み順にご希望のホテルを割り当てていきます。
[参加申し込み]
 以下の2つの事が必要です。
1) 1月31日(月)までに 参加申し込み書 を切り取り、必要事項を記入の上 e-mail で送ってください。

宛先:michiko@post.kek.jp
件名:workshop
(3月上旬に行われる現象論の研究会と区別する為、必ず件名を記入の事。)

2) 1月31日(月)必着で 必要書類 をdownload, print outし、 必要事項を記入の上、郵送してください。

***上記締め切り後は旅費の補助、ホテルの手配などを当方では致しかねます。***
 旅費の振り込みに関する手続きが2月中に進行しますので、 直前の日程のご変更、キャンセルの無いよう、くれぐれもご注意下さい。
 申し込み確認のメールの送付は行いませんのでご了承下さい。
 申し込み締め切り後に旅費補助・部屋割りのリストを公開しますのでご確認下さい。
[問い合わせ先]
〒305-0801 茨城県つくば市大穂1-1
高エネルギー加速器研究機構 素核研 理論部
古舘 道子(秘書)
Phone: (029)864-5393
FAX: (029)864-5755
E-mail: michiko@post.kek.jp
[世話人]
磯 暁、北澤 良久、筒井 泉、夏梅 誠、西村 淳、浜田 賢二、溝口 俊弥、 東 武大、今井 孝明、岸本 功、木村 哲士、富野 弾、永尾 敬一、 長岡 悟史、初田 真知子、藤 博之、山口 貴史、吉田健太郎


Back to Theory Group Home