文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究 (領域番号2504)
「ニュートリノフロンティアの融合と進化」
計画研究: C03 ニュートリノで探る素粒子の起源と宇宙の構造 (2013年6月28日〜)

メンバー: 北野龍一郎(KEK)、 伊部昌宏(東大宇宙線研)、 大河内豊(九大)、 長井稔(KEK→京都産業大学益川塾)、 倉知昌史(KEK)、 北原鉄平(KEK→KIT, Karlsruhe)、 後藤亨(KEK)
連携研究者: 遠藤基(東大→KEK)、 川崎雅裕(東大宇宙線研)、 松本重貴(Kavli IPMU)

業績リスト

Publications:
2017年度
Instanton effects on CP-violating gluonic correlators.
By Shingo Mori, Julien Frison, Ryuichiro Kitano, Hideo Matsufuru, Norikazu Yamada.
10.1051/epjconf/201817512009.
EPJ Web Conf. 175 (2018) 12009.

Topological susceptibility with a single light quark flavour.
By Julien Frison, Ryuichiro Kitano, Norikazu Yamada.
[arXiv:1710.06643 [hep-lat]].
10.1051/epjconf/201817514017.
EPJ Web Conf. 175 (2018) 14017.

θ=π in SU(N)/Z(N) gauge theories.
By Ryuichiro Kitano, Takao Suyama, Norikazu Yamada.
[arXiv:1709.04225 [hep-th]].
10.1007/JHEP09(2017)137.
JHEP 1709 (2017) 137.

High-energy neutrinos from multibody decaying dark matter.
By Nagisa Hiroshima, Ryuichiro Kitano, Kazunori Kohri, Kohta Murase.
[arXiv:1705.04419 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.97.023006.
Phys.Rev. D97 (2018) no.2, 023006.

Universal bound on the mass of the CP-odd Higgs in two Higgs doublet models.
By Minoru Eto, Masafumi Kurachi, Muneto Nitta.
[arXiv:1803.04662 [hep-ph]].

Topological Defects in the Georgi-Machacek Model.
By Chandrasekhar Chatterjee, Masafumi Kurachi, Muneto Nitta.
[arXiv:1801.10469 [hep-ph]].

Gauged Peccei-Quinn Symmetry - A Case of Simultaneous Breaking of SUSY and PQ Symmetry.
By Hajime Fukuda, Masahiro Ibe, Motoo Suzuki, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1803.00759 [hep-ph]].

Migdal Effect in Dark Matter Direct Detection Experiments.
By Masahiro Ibe, Wakutaka Nakano, Yutaro Shoji, Kazumine Suzuki.
[arXiv:1707.07258 [hep-ph]].
10.1007/JHEP03(2018)194.
JHEP 1803 (2018) 194.

Foreground effect on the $J$-factor estimation of ultra-faint dwarf spheroidal galaxies.
By Koji Ichikawa, Shun-ichi Horigome, Miho N. Ishigaki, Shigeki Matsumoto, Masahiro Ibe, Hajime Sugai, Kohei Hayashi.
[arXiv:1706.05481 [astro-ph.GA]].

Dynamical Clockwork Axions.
By Rupert Coy, Michele Frigerio, Masahiro Ibe.
[arXiv:1706.04529 [hep-ph]].
10.1007/JHEP10(2017)002.
JHEP 1710 (2017) 002.

2016年度
More on Electroweak-Skyrmion.
By Ryuichiro Kitano, Masafumi Kurachi.
[arXiv:1703.06397 [hep-ph]].
10.1007/JHEP04(2017)150.
JHEP 1704 (2017) 150.

A "gauged" $U(1)$ Peccei-Quinn symmetry.
By Hajime Fukuda, Masahiro Ibe, Motoo Suzuki, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1703.01112 [hep-ph]].
10.1016/j.physletb.2017.05.071.
Phys.Lett. B771 (2017) 327-331.

Dark Matter Candidates in a Visible Heavy QCD Axion Model.
By Hajime Fukuda, Masahiro Ibe, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1702.00227 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.95.095017.
Phys.Rev. D95 (2017) no.9, 095017.

Constraints on Lmu-Ltau gauge interactions from rare kaon decay.
By Masahiro Ibe, Wakutaka Nakano, Motoo Suzuki.
[arXiv:1611.08460 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.95.055022.
Phys.Rev. D95 (2017) no.5, 055022.

Nf=1+2 mass dependence of the topological susceptibility.
By Julien Frison, Ryuichiro Kitano, Norikazu Yamada.
[arXiv:1611.07150 [hep-lat]].
PoS LATTICE2016 (2016) 323.

Light flavor-singlet scalars and walking signals in Nf=8 QCD on the lattice.
By LatKMI Collaboration (Yasumichi Aoki et al.).
[arXiv:1610.07011 [hep-lat]].

Revisiting gravitino dark matter in thermal leptogenesis.
By Masahiro Ibe, Motoo Suzuki, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1609.06834 [hep-ph]].
10.1007/JHEP02(2017)063.
JHEP 1702 (2017) 063.

Primordial Lepton Oscillations and Baryogenesis.
By Yuta Hamada, Ryuichiro Kitano.
[arXiv:1609.05028 [hep-ph]].
10.1007/JHEP11(2016)010.
JHEP 1611 (2016) 010.

Foreground effect on the J-factor estimation of classical dwarf spheroidal galaxies.
By Koji Ichikawa, Miho N. Ishigaki, Shigeki Matsumoto, Masahiro Ibe, Hajime Sugai, Kohei Hayashi.
[arXiv:1608.01749 [astro-ph.GA]].

Thermal Effects on Decays of a Metastable Brane Configuration.
By Yuichiro Nakai, Yutaka Ookouchi.
[arXiv:1608.01232 [hep-th]].
10.1016/j.physletb.2016.09.050.
Phys.Lett. B762 (2016) 321-326.

Lower limit on the gravitino mass in low-scale gauge mediation with mH~125 GeV.
By Masahiro Ibe, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1608.01610 [hep-ph]].
10.1016/j.physletb.2016.11.016.
Phys.Lett. B764 (2017) 260-264.

Cracking Down on Fake Photons - A Case of 750 GeV Diphoton Resonance -.
By Hajime Fukuda, Masahiro Ibe, Osamu Jinnouchi, Mihoko Nojiri.
[arXiv:1607.01936 [hep-ph]].
10.1093/ptep/ptx019.
PTEP 2017 (2017) no.3, 033B05.

Topological susceptibility at high temperature on the lattice.
By J. Frison, R. Kitano, H. Matsufuru, S. Mori, N. Yamada.
[arXiv:1606.07175 [hep-lat]].
10.1007/JHEP09(2016)021.
JHEP 1609 (2016) 021.

Thermal Relic Dark Matter Beyond the Unitarity Limit.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Kunio Kaneta, Wakutaka Nakano, Motoo Suzuki.
[arXiv:1606.00159 [hep-ph]].
10.1007/JHEP08(2016)151.
JHEP 1608 (2016) 151.

MSSM without free parameters.
By Ryuichiro Kitano, Ryuji Motono, Minoru Nagai.
[arXiv:1605.08227 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.94.115016.
Phys.Rev. D94 (2016) no.11, 115016.

Electroweak-Skyrmion as Topological Dark Matter.
By Ryuichiro Kitano, Masafumi Kurachi.
[arXiv:1605.07355 [hep-ph]].
10.1007/JHEP07(2016)037.
JHEP 1607 (2016) 037.

2015年度
Dark matter annihilation and decay from non-spherical dark halos in galactic dwarf satellites.
By Kohei Hayashi, Koji Ichikawa, Shigeki Matsumoto, Masahiro Ibe, Miho N. Ishigaki, Hajime Sugai.
[arXiv:1603.08046 [astro-ph.GA]].
10.1093/mnras/stw1457.
Mon.Not.Roy.Astron.Soc. 461 (2016) no.3, 2914-2928.

750 GeV diphoton resonance in a visible heavy QCD axion model.
By Cheng-Wei Chiang, Hajime Fukuda, Masahiro Ibe, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1602.07909 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.93.095016.
Phys.Rev. D93 (2016) no.9, 095016.

Why three generations?.
By Masahiro Ibe, Alexander Kusenko, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1602.03003 [hep-ph]].
10.1016/j.physletb.2016.05.025.
Phys.Lett. B758 (2016) 365-369.

Revisiting Scalar Quark Hidden Sector in Light of 750-GeV Diphoton Resonance.
By Cheng-Wei Chiang, Masahiro Ibe, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1512.08895 [hep-ph]].
10.1007/JHEP05(2016)084.
JHEP 1605 (2016) 084.

Enhanced Higgs Mass in Compact Supersymmetry.
By Kohsaku Tobioka, Ryuichiro Kitano, Hitoshi Murayama.
[arXiv:1511.04081 [hep-ph]].
10.1007/JHEP04(2016)025.
JHEP 1604 (2016) 025.

ATLAS on-Z Excess via gluino-Higgsino-singlino decay chains in the NMSSM.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Teppei Kitahara.
[arXiv:1510.07691 [hep-ph]].
10.1007/JHEP01(2016)030.
JHEP 1601 (2016) 030.

Revisiting R-invariant Direct Gauge Mediation.
By Cheng-Wei Chiang, Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1510.04047 [hep-ph]].
10.1007/JHEP03(2016)145.
JHEP 1603 (2016) 145.

Baryon as Impurity for Phase Transition in String Landscape.
By Aya Kasai, Yuichiro Nakai, Yutaka Ookouchi.
[arXiv:1508.04608 [hep-th]].
10.1007/JHEP06(2016)029.
JHEP 1606 (2016) 029.

Lepton flavor violating Z-boson couplings from nonstandard Higgs interactions.
By Toru Goto, Ryuichiro Kitano, Shingo Mori.
[arXiv:1507.03234 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.92.075021.
Phys.Rev. D92 (2015) 075021.

Diboson Resonance as a Portal to Hidden Strong Dynamics.
By Cheng-Wei Chiang, Hajime Fukuda, Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1507.02483 [hep-ph]].
10.1007/JHEP11(2015)015.
JHEP 1511 (2015) 015.

Prospects for Spin-1 Resonance Search at 13 TeV LHC and the ATLAS Diboson Excess.
By Tomohiro Abe, Teppei Kitahara, Mihoko M. Nojiri.
[arXiv:1507.01681 [hep-ph]].
10.1007/JHEP02(2016)084.
JHEP 1602 (2016) 084.

Dynamics of Peccei-Quinn Breaking Field after Inflation and Axion Isocurvature Perturbations.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Masahiro Kawasaki, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1507.00119 [hep-ph]].
10.1088/1475-7516/2015/11/003.
JCAP 1511 (2015) no.11, 003.

Revisiting the Minimal Chaotic Inflation Model.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Masahiro Kawasaki, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1506.05250 [hep-ph]].
10.1016/j.physletb.2016.03.001.
Phys.Lett. B756 (2016) 113-117.

2 TeV Walking Technirho at LHC?.
By Hidenori S. Fukano, Masafumi Kurachi, Shinya Matsuzaki, Koji Terashi, Koichi Yamawaki.
[arXiv:1506.03751 [hep-ph]].
10.1016/j.physletb.2015.09.023.
Phys.Lett. B750 (2015) 259-265.

Topology in QCD and the axion abundance.
By Ryuichiro Kitano, Norikazu Yamada.
[arXiv:1506.00370 [hep-ph]].
10.1007/JHEP10(2015)136.
JHEP 1510 (2015) 136.

Cosmological Selection of Multi-TeV Supersymmetry.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Kai Schmitz, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1506.00426 [hep-ph]].
10.1016/j.physletb.2015.07.073.
Phys.Lett. B749 (2015) 298-303.

Peccei-Quinn Symmetry from Dynamical Supersymmetry Breaking.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Kai Schmitz, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1505.07388 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.92.075003.
Phys.Rev. D92 (2015) no.7, 075003.

Mass-splitting between haves and have-nots --- symmetry vs. Grand Unified Theory.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Motoo Suzuki.
[arXiv:1505.05024 [hep-ph]].
10.1007/JHEP09(2015)155.
JHEP 1509 (2015) 155.

Model of visible QCD axion.
By Hajime Fukuda, Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1504.06084 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.92.015021.
Phys.Rev. D92 (2015) no.1, 015021.

Wino Dark Matter in light of the AMS-02 2015 Data.
By Masahiro Ibe, Shigeki Matsumoto, Satoshi Shirai, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1504.05554 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.91.111701.
Phys.Rev. D91 (2015) no.11, 111701.

Spontaneous thermal Leptogenesis via Majoron oscillation.
By Masahiro Ibe, Kunio Kaneta.
[arXiv:1504.04125 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.92.035019.
Phys.Rev. D92 (2015) no.3, 035019.

Gravitational Correction to Fuzzy String in Metastable Brane Configuration.
By Aya Kasai, Yutaka Ookouchi.
[arXiv:1504.00479 [hep-th]].
10.1007/JHEP06(2015)098.
JHEP 1506 (2015) 098.

Diquark bound states with a completely crossed ladder truncation.
By Go Mishima, Ryusuke Jinno, Teppei Kitahara.
[arXiv:1502.05415 [nucl-th]].
10.1103/PhysRevD.91.076011.
Phys.Rev. D91 (2015) no.7, 076011.

Vacuum Alignment of the Top-Mode Pseudo-Nambu-Goldstone Boson Higgs Model.
By Hidenori S. Fukano, Masafumi Kurachi, Shinya Matsuzaki.
[arXiv:1411.1199 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.91.115005.
Phys.Rev. D91 (2015) no.11, 115005.

2014年度
Decay of False Vacuum via Fuzzy Monopole in String Theory.
By Aya Kasai, Yutaka Ookouchi.
[arXiv:1502.01544 [hep-th]].
10.1103/PhysRevD.91.126002.
Phys.Rev. D91 (2015) no.12, 126002.

Light Higgsinos in Pure Gravity Mediation.
By Jason L. Evans, Masahiro Ibe, Keith A. Olive, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1412.3403 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.91.055008.
Phys.Rev. D91 (2015) 5, 055008.

Coupling Unification and Dark Matter in a Standard Model Extension with Adjoint Majorana Fermions.
By Tasuku Aizawa, Masahiro Ibe, Kunio Kaneta.
[arXiv:1411.6044 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.91.075012.
Phys.Rev. D91 (2015) no.7, 075012.

Discrimination of dark matter models in future experiments.
By Tomohiro Abe, Ryuichiro Kitano, Ryosuke Sato.
[arXiv:1411.1335 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.91.095004.
Phys.Rev. D91 (2015) no.9, 095004.

Radiation of Supersymmetric Particles from Aharonov-Bohm R-string.
By Yutaka Ookouchi, Takahiro Yonemoto.
[arXiv:1409.8384 [hep-th]].
10.1007/JHEP02(2015)164.
JHEP 1502 (2015) 164.

Mass of Decaying Wino from AMS-02 2014.
By Masahiro Ibe, Shigeki Matsumoto, Satoshi Shirai, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1409.6920 [hep-ph]].
10.1016/j.physletb.2014.12.016.
Phys.Lett. B741 (2015) 134-137.

Anomaly Mediated Gaugino Mass and Path-Integral Measure.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe.
[arXiv:1409.5029 [hep-th]].
10.1103/PhysRevD.90.085028.
Phys.Rev. D90 (2014) 8, 085028.

R-symmetric Axion/Natural Inflation in Supergravity via Deformed Moduli Dynamics.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1409.0330 [hep-ph]].
10.1016/j.physletb.2014.11.009.
Phys.Lett. B739 (2014) 352-356.

Phase Locked Inflation. Effectively Trans-Planckian Natural Inflation.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe.
[arXiv:1407.4893 [hep-ph]].
10.1007/JHEP11(2014)147.
JHEP 1411 (2014) 147.

Dynamical fractional chaotic inflation.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Kai Schmitz, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1407.3084 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.90.123524.
Phys.Rev. D90 (2014) 12, 123524.

Cosmic neutrino background absorption line in the neutrino spectrum at IceCube.
By Masahiro Ibe, Kunio Kaneta.
[arXiv:1407.2848 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.90.053011.
Phys.Rev. D90 (2014) 5, 053011.

Partially Composite Dark Matter.
By Masaki Asano, Ryuichiro Kitano.
[arXiv:1406.6374 [hep-ph]].
10.1007/JHEP09(2014)171.
JHEP 1409 (2014) 171.

Wino Dark Matter and Future dSph Observations.
By Biplob Bhattacherjee, Masahiro Ibe, Koji Ichikawa, Shigeki Matsumoto, Kohei Nishiyama.
[arXiv:1405.4914 [hep-ph]].
10.1007/JHEP07(2014)080.
JHEP 1407 (2014) 080.

Neutrinoful Universe.
By Tetsutaro Higaki, Ryuichiro Kitano, Ryosuke Sato.
[arXiv:1405.0013 [hep-ph]].
10.1007/JHEP07(2014)044.
JHEP 1407 (2014) 044.

Simple realization of inflaton potential on a Riemann surface.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe.
[arXiv:1404.3511 [hep-ph]].
10.1016/j.physletb.2014.09.061.
Phys.Lett. B738 (2014) 301-304.

2013年度
High-Scale SUSY Breaking Models in light of the BICEP2 Result.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Koji Ichikawa, Kunio Kaneta, Shigeki Matsumoto.
[arXiv:1403.5880 [hep-ph]].
10.1007/JHEP07(2014)093.
JHEP 1407 (2014) 093.

Dynamical Chaotic Inflation in the Light of BICEP2.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Kai Schmitz, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1403.4536 [hep-ph]].
10.1016/j.physletb.2014.04.057.
Phys.Lett. B733 (2014) 283-287.

Testing the Minimal Direct Gauge Mediation at the LHC.
By Koichi Hamaguchi, Masahiro Ibe, Tsutomu T. Yanagida, Norimi Yokozaki.
[arXiv:1403.1398 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.90.015027.
Phys.Rev. D90 (2014) 1, 015027.

Peccei-Quinn Symmetric Pure Gravity Mediation.
By Jason L. Evans, Masahiro Ibe, Keith A. Olive, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1402.5989 [hep-ph]].
10.1140/epjc/s10052-014-2931-2.
Eur.Phys.J. C74 (2014) 2931.

Flat Higgs Potential from Planck Scale Supersymmetry Breaking.
By Masahiro Ibe, Shigeki Matsumoto, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1312.7108 [hep-ph]].
10.1016/j.physletb.2014.03.041.
Phys.Lett. B732 (2014) 214-217.

One-loop anomaly mediated scalar masses and (g-2)_mu in pure gravity mediation.
By Jason L. Evans, Masahiro Ibe, Keith A. Olive, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1312.1984 [hep-ph]].
10.1140/epjc/s10052-014-2775-9.
Eur.Phys.J. C74 (2014) 2775.

Gravitino thermal production revisited and a new cosmological scenario of gauge mediation.
By Hiraku Fukushima, Ryuichiro Kitano.
[arXiv:1311.6228 [hep-ph]].
10.1007/JHEP01(2014)081.
JHEP 1401 (2014) 081.

Mixed (cold+warm) dark matter in the bino-wino coannihilation scenario.
By Masahiro Ibe, Ayuki Kamada, Shigeki Matsumoto.
[arXiv:1311.2162 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.89.123506.
Phys.Rev. D89 (2014) 12, 123506.

Lower Bound on the Garvitino Mass $m_{3/2}>O(100)$ TeV in $R$-Symmetry Breaking New Inflation.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1311.1898 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.89.055014.
Phys.Rev. D89 (2014) 055014.

Hypercharged Dark Matter and Direct Detection as a Probe of Reheating.
By Brian Feldstein, Masahiro Ibe, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1310.7495 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevLett.112.101301.
Phys.Rev.Lett. 112 (2014) 10, 101301.

Discrete Gauge Symmetry and Aharonov-Bohm Radiation in String Theory.
By Yutaka Ookouchi.
[arXiv:1310.4026 [hep-th], arXiv:1310.4026].
10.1007/JHEP01(2014)049.
JHEP 1401 (2014) 049.

A Closer Look at Gaugino Masses in Pure Gravity Mediation Model/Minimal Split SUSY Model.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1310.0643 [hep-ph]].
10.1007/JHEP12(2013)016.
JHEP 1312 (2013) 016.

More on cosmological constraints on spontaneous R-symmetry breaking models.
By Yuta Hamada, Kohei Kamada, Tatsuo Kobayashi, Yutaka Ookouchi.
[arXiv:1310.0118 [hep-ph]].
10.1088/1475-7516/2014/01/024.
JCAP01(2014)024.

The Peccei-Quinn Symmetry from a Gauged Discrete R Symmetry.
By Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Kai Schmitz, Tsutomu T. Yanagida.
[arXiv:1308.1227 [hep-ph]].
10.1103/PhysRevD.88.075022.
Phys.Rev. D88 (2013) 075022.

Quark confinement via magnetic color-flavor locking.
By Ryuichiro Kitano, Naoto Yokoi.
[arXiv:1308.0093 [hep-th]].
10.1007/JHEP11(2013)129.
JHEP 1311 (2013) 129.


Presentations:
2017年度
発表者名:北野龍一郎
発表標題:Neutrino Physics and the origin of the Universe
学会等名:International workshop on "Unification and Development of the Neutrino Science Frontier"
発表年月日:2018年3月6日
発表場所:京都大学

発表者名:北野龍一郎
発表標題:θ physics and axion
学会等名:International workshop on "Axion Physics and dark matter cosmology"
発表年月日:2017年12月21日
発表場所:大阪大学

発表者名:北野龍一郎
発表標題:θ physics
学会等名:Topological Science Symposium 2017
発表年月日:2017年11月21日
発表場所:慶應義塾大学

発表者名:北野龍一郎
発表標題:Strong CP problem on the lattice
学会等名:Johns Hopkins Workshop Series on Current Problems in Particle Theory Summer 2017, “Beyond the Standard Model - Exploring the Frontier”
発表年月日:2017年7月6日
発表場所:Budapest, Hungary

発表者名:倉知昌史
発表標題:2ヒッグスダブレット模型における非アーベリアン宇宙紐2:現象論と宇宙論
学会等名:日本物理学会第73回年次大会
発表年月日:2018 年 3月 23日
発表場所:東京理科大学 野田キャンパス

発表者名:倉知昌史
発表標題:Anomalous quartic gauge boson couplings and the Electroweak Skyrmion
学会等名:新学術領域研究会 新テラスケール研究会 ~ヒッグス粒子発券後の素粒子物理学の展開~
発表年月日:2017 年 12月 25日
発表場所:東京大学 本郷キャンパス

発表者名:倉知昌史
発表標題:On the relation between visible and dark matters: topological point of view
学会等名:新学術領域研究「ニュートリノフロンティアの融合と進化」研究会 2017
発表年月日:2017 年 12月 12日
発表場所:琵琶湖グランドホテル(おごと温泉)

発表者名:倉知昌史
発表標題:ゲージボソン4点結合と電弱スキルミオン
学会等名:基研研究会 素粒子物理学の進展2017
発表年月日:2017 年 8月 3日
発表場所:京都大学 基礎物理学研究所

発表者名:伊部昌宏
発表表題:Dark Matter Candidates in a Heavy QCD Axion Model
学会等名:Olivefest: Astroparticle Physics Looking Forward
発表年月日:2017年5月19日
発表場所:アメリカ、ミネソタ大学

発表者名:伊部昌宏
発表表題:Migdal Effect in Dark Matter Direct Detection Experiments
学会等名:Workshop for Unification and Development of the Neutrino Science Frontier (2017)
発表年月日:2017年12月12日
発表場所:琵琶湖グランドホテル

発表者名:大河内豊
発表標題:初期宇宙における触媒効果とマルチバース
学会等名:京都大学白眉センター主催 白眉の日
発表年月日:2017年 8 月 5日
発表場所: KKR 京都くに荘

発表者名:大河内豊
発表標題:Decay of False Vacua via Impurities in String Landscape
学会等名:新学術領域研究「ニュートリノフロンティアの融合と進化」研究会 2017
発表年月日:2017年 12 月 11-13日
発表場所: 琵琶湖グランドホテル


2016年度
発表者名:倉知昌史
発表標題:Electroweak-Skyrmion as Topological Dark Matter
学会等名:日本物理学会第72回年次大会
発表年月日:2017 年 3月 20日
発表場所:大阪大学

発表者名:大河内豊
発表標題:Decay of False Vacuum via Fuzzy Monopole in String Theory
学会等名:慶應義塾大学 商学部 セミナー
発表年月日:2017 年 3 月 10日
発表場所: 慶應義塾大学

発表者名:伊部昌宏
発表標題:Thermal Relic Dark Matter Beyond the Unitarity Limit
学会等名:KEK-PH 2017
発表年月日:2017 年 2月 14日
発表場所:高エネルギー加速器研究機構

発表者名:大河内豊
発表標題:ストリングランドスケープとマルチバース
学会等名:シンポジウム「現在という謎」
発表年月日:2016 年 12 月 17,18日
発表場所: 立正大学

発表者名:倉知昌史
発表標題:Electroweak-Skyrmion as Topological Dark Matter
学会等名:新学術領域研究「ニュートリノフロンティアの融合と進化」研究会 2016
発表年月日:2016 年 11月 30日
発表場所:山代温泉 ゆのくに天祥

発表者名:北野龍一郎
発表標題:Primordial Lepton Oscillation and Baryogenesis
学会等名:新学術領域研究「ニュートリノフロンティアの融合と進化」研究会 2016
発表年月日:2016 年 11月 28日
発表場所:山代温泉 ゆのくに天祥

発表者名:伊部昌宏
発表標題:Supersymmetry after Higgs discovery
学会等名:International Workshop on "Double Beta Decay and Underground Science"  DBD16
発表年月日:2016 年 11月 8日
発表場所:KEK

発表者名:北野龍一郎
発表標題:暗黒物質
学会等名:ヒッグス粒子発見後の素粒子物理学の新展開 キックオフ会合
発表年月日:2016 年 8月 30日
発表場所:東京大学 本郷キャンパス

発表者名:倉知昌史
発表標題:Electroweak-Skyrmion as Topological Dark Matter
学会等名:第12回 New Physics Forum
発表年月日:2016 年 7月 21日
発表場所:KEK

発表者名:北野龍一郎
発表標題:Strong CP problem and axion on the lattice
学会等名:Santa Fe 2016 Summer Workshop
発表年月日:2016 年 7月 8日
発表場所:Santa Fe, USA

発表者名:倉知昌史
発表標題:New Topological Dark Matter
学会等名:Santa Fe 2016 Summer Workshop
発表年月日:2016 年 7月 5日
発表場所:La Fonda Hotel, Santa Fe(米国)

発表者名:倉知昌史
発表標題:New Topological Dark Matter
学会等名:The First KEK-KIAS-NCTS Joint Workshop on Particle Physics Phenomenology
発表年月日:2016 年 5月 28日
発表場所:国立清華大学(台湾)

発表者名:北野龍一郎
発表標題:Strong CP problem and axion on the lattice
学会等名:The 1st KEK-KIAS-NCTS Joint Work- shop on Particle Physics Phenomenology
発表年月日:2016 年 5月 26日
発表場所:Hsinchu, Taiwan

発表者名:北野龍一郎
発表標題:Strong CP problem and axion on the lattice
学会等名:The IBS-SNU joint workshop on particle physics
発表年月日:2016 年 5月  3日
発表場所:Seoul, Korea

発表者名:北野龍一郎
発表標題:Strong CP Problem
学会等名:QCD Club
発表年月日:2016 年 4月 27日
発表場所:東京大学 本郷キャンパス


2015年度
発表者名:伊部昌宏
発表標題:Supersymmetry after the Higgs discovery
学会等名:New Generation Quantum Theory -Particle Physics, Cosmology, and Chemistry
発表年月日:2016 年 3 月 9日
発表場所: 京都大学

発表者名:北野龍一郎
発表標題:ヒッグス粒子 -標準模型を超えた物理の幕開け-
学会等名:第71回日本物理学会年次大会シンポジウム
発表年月日:2016 年 3月 21日
発表場所:東北学院大学

発表者名:長井稔
発表標題 CP- and Flavor-safe Minimal SUSY Model
学会等名 KEK Theory Meeting on Particle Physics Phenomenology (KEK-PH2016)
発表年月日 2016 年 2月 10日
発表場所 高エネルギー加速器研究機構

発表者名:北原鉄平
発表標題:Interpretations of epsilon’_K/epsilon_K in the MSSM
学会等名:KEK現象論研究会2016
発表年月日:2016 年 2月 10日
発表場所:KEK

発表者名:大河内豊
発表標題:Decay of False Vacuum via Fuzzy Monopole in String Theory
学会等名:大阪大学理学部素粒子論研究室セミナー
発表年月日:2015 年 12月 8日
発表場所:大阪大学

発表者名:倉知昌史
発表標題:Nature of the elementary particles   Messages from the LHC
学会等名:Workshop for Unification and Development of the Neutrino Science Frontier (2015)
発表年月日:2015 年 12月 1日
発表場所:ニューウェルシティ湯河原

発表者名:伊部昌宏
発表標題:Diboson Resonance as a Portal to Hidden Strong Dynamics
学会等名:Particle Cosmology and beyond 2015
発表年月日:2015 年 11月 19日
発表場所:金沢アートホール

発表者名:北野龍一郎
発表標題:Strong CP problem and axion on the lattice
学会等名:Particle Cosmology and beyond 2015
発表年月日:2015 年 11月 16日
発表場所:金沢アートホール

発表者名:長井稔
発表標題 Flavor- and CP-safe minimal SUSY model
学会等名 第5回日大理工・益川塾連携素粒子物理学シンポジウム
発表年月日 2015 年 10月 24日
発表場所 日本大学

発表者名:北野龍一郎
発表標題:Grand Picture
学会等名:International workshop on future potential of high intensity proton accelerator for particle and nuclear physics (HINT2015)
発表年月日:2015 年 10月 13日
発表場所:J-PARC 東海村

発表者名:倉知昌史
発表標題:Collider signatures of one-family model of walking Technicolor
学会等名:日本物理学会2015年秋季大会
発表年月日:2015 年 9月 28日
発表場所:大阪市立大学

発表者名:倉知昌史
発表標題:SU(3) gauge theory with four degenerate fundamental fermion on the lattice
学会等名:日本物理学会2015年秋季大会
発表年月日:2015 年 9月 25日
発表場所:大阪市立大学

発表者名:森紳悟(共同研究者:北野龍一郎、後藤亨)
発表標題:τレプトン崩壊を通したレプトンフレーバーを破るヒッグス結合の研究
学会等名:日本物理学会2015年秋季大会
発表年月日:2015 年 9月 25日
発表場所:大阪市立大学

発表者名:北野龍一郎
発表標題:Discussion on Strong CP Problem
学会等名:GGI workshop on "Gearing up for LHC13"
発表年月日:2015 年 9月 8日
発表場所:フィレンツェ (イタリア)

発表者名:北原鉄平
発表標題:Prospects for Spin-1 Resonance Search at 13TeV LHC and the ATLAS Diboson Excess
学会等名:4th New Physics Forum
発表年月日:2015 年 8月 19日
発表場所:東京大学宇宙線研究所

発表者名:北野龍一郎
発表標題:Strong CP problem and axion on the lattice
学会等名:Joint KEK Theory Fermilab Theory Workshop
発表年月日:2015 年 8月 7日
発表場所:フェルミ国立加速器研究所 (USA)

発表者名:倉知昌史
発表標題:One-family model of walking Technicolor at the LHC
学会等名:Joint KEK Theory Fermilab Theory Workshop
発表年月日:2015 年 8月 3日
発表場所:フェルミ国立加速器研究所

発表者名:北原鉄平
発表標題:Phenomenology of singlet extended supersymmetric model − Dark matter, Baryogenesis
学会等名:Joint KEK Theory Fermilab Theory Workshop
発表年月日:2015 年 8月 5日
発表場所:フェルミ国立加速器研究所 (USA)

発表者名:北原鉄平
発表標題:TeVスケールにおける電弱バリオジェネシスとILC
学会等名:Summer camp on ILC accelerator and physics / detectors 2015
発表年月日:2015 年 7月 18日
発表場所:伊香保ホテル天坊

発表者名:北野龍一郎
発表標題:Topology in QCD and the axion abundance
学会等名:MIAPP Workshop on "Anticipating 14TeV: Insights into Matter from the LHC and Beyond"
発表年月日:2015 年 7月 17日
発表場所:Munich Institute for Astro- and Particle Physics (Germany)

発表者名:倉知昌史
発表標題:SU(3) gauge theory with four degenerate fundamental fermion on the lattice
学会等名:The 30th International Symposium on Lattice Field Theory (Lattice2015)
発表年月日:2015 年 7月 14日
発表場所:神戸国際会議場

発表者名:北原鉄平
発表標題:Towards a scale free electroweak baryogenesis
学会等名:富山大学素粒子論研究室セミナー
発表年月日:2015 年 5月 22日
発表場所:富山大学

発表者名:北原鉄平
発表標題:Singlino Resonant Dark Matter and 125 GeV Higgs Boson in High-Scale Supersymmetry
学会等名:名古屋大学素粒子論研究室セミナー
発表年月日:2015 年 5月 8日
発表場所:名古屋大学

発表者名:北原鉄平
発表標題:Reconstructing Supersymmetric Contribution to Muon Anomalous Magnetic Dipole Moment at ILC
学会等名:Asian Linear Collider workshop 2015 
発表年月日:2015 年 4月 21日
発表場所:KEK

2014年度
発表者名:北野龍一郎
発表標題 Hidden Local Symmetry as magnetic gauge theory
学会等名 Sakata Memorial KMI Workshop on "Origin of Mass and Strong Coupling Gauge Theories" (SCGT15)
発表年月日 2015 年 3月 6日
発表場所 名古屋大学

発表者名:大河内豊
発表標題 Decay of False Vacuum via Fuzzy Monopole in String Theory
学会等名 KEK String 2015
発表年月日 2015 年 2月 5日
発表場所 高エネルギー加速器研究機構

発表者名:大河内豊
発表標題 Discrete Gauge Symmetry and Aharonov-Bohm Radiation in String Theory
学会等名 橋本研究室 closing 研究会
発表年月日 2015 年 1月 28日
発表場所 理化学研究所

発表者名:大河内豊
発表標題 Decay of False Vacuum via Fuzzy Monopole in String Theory
学会等名 北海道大学素粒子論研究室セミナー
発表年月日 2015 年 1月 16日
発表場所 北海道大学

発表者名:伊部昌宏
発表表題:Supersymmetry After Higgs Discovery
学会等名:第2回島根現象論研究会
発表年月日 : 2014年11月28日
発表場所:島根県民会館

発表者名:伊部昌宏
発表表題:Supersymmetry After Higgs Discovery
学会等名:The 4th KIAS Workshop on Particle Physics and Cosmology
発表年月日 : 2014年10月27日
発表場所:KIAS (South Korea)

発表者名:大河内豊
発表標題 Discrete Gauge Symmetry and Aharonov-Bohm Radiation in String Theory
学会等名 日本物理学会秋季大会 
発表年月日 2014 年 9月 21日
発表場所 佐賀大学

発表者名:伊部昌宏
発表表題:Inflaton potential from strong dynamics
学会等名:Model Building in the LHC ERA
発表年月日 : 2014年8月18日
発表場所:Aspen Center for Physics (USA)

発表者名:長井稔
発表標題 LHC時代におけるフレーバーの物理
学会等名 基研研究会 素粒子物理学の進展2014
発表年月日 2014 年 7月 30日
発表場所 京都大学

発表者名:大河内豊
発表標題 Discrete Gauge Symmetry and Aharonov-Bohm Radiation in String Theory
学会等名 YITP Workshop “Strings and Fields”
発表年月日 2014 年 7月 22日
発表場所 京都大学 基礎物理学研究所

2013年度
発表者名:北野龍一郎
発表標題 新物理とニュートリノ
学会等名 次世代の加速器ニュートリノ実験ワークショップ
発表年月日 2014 年 2月 5日
発表場所 東海村

発表者名:北野龍一郎
発表標題 Emergent Higgs
学会等名 Solvay workshop on “Exploring Higher Energy Physics”
発表年月日 2013 年 11月 4日 ~  2013 年 11月 6日 
発表場所 ULB, Brussels, Belgium

発表者名:北野龍一郎
発表標題 SUSY+beyond
学会等名 Tohoku Forum for Creativity, “Particle Physics and Cosmology after the discovery of Higgs boson”
発表年月日 2013 年 10月 21日 ~  2013 年 10月 25日 
発表場所 東北大学

発表者名:伊部昌宏
発表標題 重い超対称粒子の模型とその検証
学会等名 日本物理学会
発表年月日 2013 年 9月 20日 ~  2013 年 9月 23日 
発表場所 高知大学朝倉キャンパス

発表者名:北野龍一郎
発表標題 Flavor structures and new physics
学会等名 12th Asia Pacific Physics Conference of AAPPS
発表年月日 2013 年 7月 14日 ~  2013 年 7月 19日 
発表場所 幕張メッセ



一般講演:
2015年度
講演者名:大河内豊
講演タイトル 宇宙の歴史と物理法則
開催年月日 2015 年 9月 23日
発表場所 九州大学

2013年度
講演者名:北野龍一郎
講演タイトル ヒッグス粒子を超えて
開催年月日 2013 年 10月 27日
発表場所 早稲田大学
http://www2.kylab.sci.waseda.ac.jp/?p=783

講演者名:北野龍一郎
講演タイトル ヒッグス粒子を超えて
開催年月日 2013 年 11月 9日
発表場所 東京工業大学
http://www.titech.ac.jp/news/2013/023837.html

講演者名:伊部昌宏
講演タイトル:素粒子標準模型とヒッグス粒子
開催年月日:2013年12月1日
場所:東京大学本郷キャンパス

講演者名:北野龍一郎
講演タイトル ニュートリノと宇宙の謎
開催年月日 2013 年 12月 21日
場所 高エネルギー加速器研究機構
http://kouza.kek.jp/kouza2013/02/index.html

研究会の開催:
2017年度
国際研究会「Sugawara Symposium on Fundamental Problems in Theoretical Physics」
2018 年 2月 26日 ~  2018 年 3月 3日 
http://www2.kek.jp/theory-center/project/string2higgsflavor/workshop/OIST2018/webpage.html

国際研究会「KEK現象論研究会2018」
2018 年 2月 13日 ~  2018 年 2月 16日 
https://conference-indico.kek.jp/indico/event/38/

国際研究会「The 2nd KEK-KIAS-NCTS Joint Workshop on Particle Physics Phenomenology」
2017 年 11月 6日 ~  2017 年 11月 10日 
http://indico.kias.re.kr/indico/event/10/

定期研究会 「New Physics Forum」(第16回 - 第18回)
http://research.kek.jp/people/kurachi/NewPhysicsForum/index.html

2016年度
国際研究会「KEK現象論研究会2017」
2017 年 2月 14日 ~  2017 年 2月 17日 
https://kds.kek.jp/indico/event/22971/

国際研究会「Joint KEK Theory Fermilab Theory Workshop 2016」
2016 年 9月 26日 ~  2016 年 9月 30日 
http://home.fnal.gov/~pjfox/KEK_FNAL_2016/KEK-FNAL2016.html

国際研究会「The 1st KEK-KIAS-NCTS Joint Workshop on Particle Physics Phenomenology」
2016 年 5月 26日 ~  2016 年 5月 28日 
http://phys.cts.nthu.edu.tw/actnews/index.php?Sn=271

定期研究会 「New Physics Forum」(第11回 - 第15回)
http://research.kek.jp/people/kurachi/NewPhysicsForum/index.html

2015年度
国際研究会 「Beyond the Standard Model in Okinawa 2016」
2016 年 3月 1日 ~  2016 年 3月 8日 
http://research.kek.jp/people/kurachi/OIST2016/OIST-workshop/Home.html

国際研究会「KEK現象論研究会2016」
2016 年 2月 9日 ~  2016 年 2月 12日 
https://kds.kek.jp/indico/event/19952/

研究会 「Flavor Physics Workshop 2015」
2015 年 10月 6日 ~  2015 年 10月 9日
http://www.hepl.phys.nara-wu.ac.jp/FPWS2015/

国際研究会「Joint KEK Theory Fermilab Theory Workshop 2015」
2015 年 8月 3日 ~  2015 年 8月 7日 
http://theory.fnal.gov/seminars/KEK-FNAL2015.html

定期研究会 「New Physics Forum」(第1回 - 第10回)
http://research.kek.jp/people/kurachi/NewPhysicsForum/index.html

2014年度
研究会 「新物理の実証策を考える会」
2015 年 3月 11日 ~  2015 年 3月 17日 
http://kds.kek.jp/conferenceOtherViews.py?view=standard&confId=17391

新学術領域研究「ニュートリノフロンティア」研究会2014
2014 年 12月 21日 ~  2014 年 12月 23日 
http://hep-www.px.tsukuba.ac.jp/cgi-bin/nfws2014/nfws2014.pl

第3回 次世代の加速器ニュートリノ実験ワークショップ
2014 年 6月 21日 ~  2014 年 6月 22日 
http://kds.kek.jp/conferenceDisplay.py?confId=15409

2013年度
KEK国際ワークショップ 「Beyond the Standard Model 2014」
2014 年 3月 3日 ~  2014 年 3月 7日 
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/~ibe/BSM2014/The_1st_KEK_workshop_on_%22Beyond_the_Standard_Model_2014%22.html

スクール講義:
2017年度
講師:北野龍一郎
講義名 標準模型を超えた物理
スクール 東北大学集中講義
期間 2017 年 11月 27日 ~  2017 年 11月 29日 
場所 東北大学

講師:北野龍一郎
講義名 Particle Physics Theory
スクール The 5th Particle Physics School in South East Asia
期間 2017 年 9月 17日 ~  2017 年 9月 23日 
場所 Kuala Lumpur, Malaysia

2016年度
講師:北野龍一郎
講義名 Field Theory and Electroweak Standard Model
スクール Asia-Europe-Pacific School of High-Energy Physics 2016
期間 2016 年 10月 12日 ~  2016 年 10月 25日 
場所 Beijing, China

講師:北野龍一郎
講義名 標準模型を超えた物理
スクール 原子核三者若手 夏の学校2016
期間 2016 年 8月 1日 ~  2016 年 8月 5日 
場所 黒姫ライジングサンホテル

2015年度
講師:北野龍一郎
講義名 標準模型を超えた物理
スクール Tohoku Forum for Creativity 2015 春の学校
期間 2015 年 4月 20日 ~  2015 年 4月 24日 
場所 東北大学

2013年度
講師:北野龍一郎
講義名 標準模型を超えた物理
スクール 中部夏の学校
期間 2013 年 9月 1日 ~  2013 年 9月 3日 
場所 山中湖

修士論文・博士論文:
氏名: 森紳悟(総合研究大学院大学)
論文題名:Confronting the instanton calculus in Yang-Mills theories to the lattice
指導教員:北野龍一郎
学位:博士(理学)、2018年3月

氏名;中野湧天(東京大学)
論文題目:Lμ-Lτ ゲージ模型の荷電K中間子の希崩壊過程を用いた制限
指導教員:伊部昌宏
学位:修士(理学)、2017年3月

氏名: 笠井彩(九州大学)
論文題名:磁気単極子によって触媒される弦理論の準安定状態の崩壊
指導教員:大河内豊
学位:修士(理学)、2016年3月
 
氏名: 元野隆二(総合研究大学院大学)
論文題名:ゲージーノ媒介超対称模型におけるグラビティーノ暗黒物質シナリオ
指導教員:北野龍一郎
学位:修士(理学)、2016年3月

氏名: 米本隆裕(九州大学)
論文題名:宇宙紐からのアハロノフボーム放射
指導教員:大河内豊
学位:修士(理学)、2015年3月

氏名: 森紳悟(総合研究大学院大学)
論文題名:Lepton Flavor Violating tau decays and non-standard Higgs couplings
指導教員:北野龍一郎
学位:修士(理学)、2015年3月
 
氏名: 福島啓(東北大学)
論文題名: Cosmological evolution of pseudo-moduli and its impact on the gravitino relic abundance
指導教員:北野龍一郎
学位:博士(理学)、2014年3月

氏名: 中村充利(東北大学)
論文題名: Applications of non-perturbative techniques in QCD and supersymmetric theories
指導教員:北野龍一郎
学位:博士(理学)、2014年3月

図書:
著者名:大河内豊
出版社:サイエンス社
書名:超対称性の破れ 〜場の理論から弦理論まで〜
発行年:2017年
総ページ数:192

その他、アウトリーチ活動:
2017 Joint Workshop of the France-Korea and France-Japan Particle Physics Laboratories、コンビナー、2017年5月10-12日(北野龍一郎)
高校生のための素粒子サイエンスキャンプ「Belle Plus 2015」開催 (2015 年 8月 3日 ~ 2015 年 8月 6日)(後藤)
月刊「化学」にノーベル賞の解説記事(北野)
日本評論社の単行本「物理学ガイダンス」に素粒子論の研究についての記事(北野)
BSジャパン「咲くシーズ」に出演(北野, 2014年3月15日放送)
領域ホームページ