Theory Seminar

KEK 素粒子原子核研究所・理論セミナー

TITLE:
時間対称化された量子力学の解釈
(Japanese)
SPEAKER:
森田 邦久(Kunihisa Morita)
(Waseda Institute for Advanced Study)
DATE:
October 24 (Mon.) 16:00-17:00
PLACE:
Kenkyu Honkan 3F RM 322

(ABSTRACT)

量子力学の解釈問題において,状態の収縮を認めるか否かは重要な争点のひとつである.また,状態の収縮を認めない場合,では,物理量が測定前は明確な値をもたない物理量をもたないのに,どのようにして,測定後は明確な値をもつようになるのか,ということに答えることができなければならない.そのひとつの回答として,アハラノフらの時間対称化された量子力学(二状態ベクトル形式)をベースにした時間対称化された解釈について議論する.