Theory Seminar

KEK 素粒子原子核研究所・理論セミナー



TITLE 初期揺らぎの非ガウス性と構造形成
(日本語 / in Japanese)
SPEAKER 横山修一郎 (Shuichiro Yokoyama)
(Nagoya University)
DATE: October 11 (Tue.) 11:00 − 12:00
PLACE: 研究本館1階会議室1 (Kenkyu Honkan 1F, Meeting Room 1)



    ABSTRACT

近年の宇宙論的観測の進歩により、現在の宇宙の構成要素だけでなく、 初期宇宙の物理にも迫る研究が盛んに行われている。 特に初期揺らぎの情報から、初期宇宙の重要なパラダイムの一つである インフレーション理論に対してより詳細な議論が可能となることが期待されている。 そのような現状において、初期揺らぎの非ガウス性が注目を集めている。 線形摂動論+量子ゆらぎ起源という仮定のもとでは、初期揺らぎは ガウス統計に従うと考えられるが、一般に揺らぎの発展が従うアインシュタイン方程式は 非線形方程式であるし、場の相互作用を通じて、非ガウス性は生じる。 精密観測により、この非ガウス性を精査することで、初期宇宙の新たな物理が 見えてくることが期待される。 例えば、宇宙背景輻射の観測では、温度揺らぎの三点相関が有力な観測量となる。 また大規模構造形成のシナリオにも様々な影響を与える。 本セミナーでは、この初期揺らぎの非ガウス性について、簡単なレビューをし 構造形成にどのような影響を与えるかを議論する。