Theory Seminar

KEK 素粒子原子核研究所・理論セミナー

TITLE:
系統的なエラーに耐性のあるユニタリ操作の設計
(Japanese)
SPEAKER:
市川翼(Tsubasa Ichikawa)
(Research Center for Quantum Computing, Kinki Univ.)
DATE:
July 25 (Mon.) 16:00-17:00
PLACE:
Kenkyu Honkan 3F RM 322

(ABSTRACT)

量子情報処理では、系の正確な操作が不可欠である。一方、実際の実験環境ではノイズやエラーの影響により、実際に行った操作が所望の操作からずれてしまうことが一般的である。従って、所望の操作を実装するにあたっては、上手い工夫をして「ずれ」が少なくなるようにすることが望ましい。 本講演では、上述のずれの少ない量子操作をどのように設計すればよいかについて紹介する。近年の進展を概説した後に、二準位系に対する最近の我々のグループの取り組みについて述べる。