Theory Seminar

KEK 素粒子原子核研究所・理論セミナー

TITLE:
量子フィードバック制御理論の基礎
(Japanese)
SPEAKER:
山本直樹(Naoki Yamamoto)
(Department of Applied Physics and Physico-informatics, Keio University)
DATE:
July 15 (Fri.) 16:00-17:00
PLACE:
Kenkyu Honkan 3F, Room 322

(ABSTRACT)
量子系を制御する方策として、系を時間連続的に測定し、測定結果に基づいた操作を行う「フィードバック制御」によるものが容易に思いつく。しかし、古典系の場合と異なり、量子系については例えば非可換物理量を同時に測定することができないなど、測定に本質的な制限が課せられる。また、制御を考慮するにあたって、測定のバックアクションも見逃せない問題となる。本講演では、このような問題をクリアし新しい量子情報操作プロトコルを提供する「量子フィードバック制御理論」の基礎を説明する。とくに、この理論の実際的恩恵として、エンタングルの確定的生成法などについて説明する。