Theory Seminar

KEK 素粒子原子核研究所・理論セミナー



TITLE 初期宇宙での構造形成: はじめの3億年
(in Japanese)
SPEAKER Dr. Naoki Yoshida
(IPMU)
DATE: May 25 (Wed.) 15:30 − 16:30
PLACE: Kenkyu Honkan 1F, Meeting Room 1



    ABSTRACT

最近の大型望遠鏡を用いた観測により、赤方偏移8以上、 つまりビッグバン後数億年の頃の銀河やガンマ線バースト が捉えられました。マイクロ波背景放射の偏光観測など から示唆される宇宙再電離の時期と合わせ、宇宙早期に 星や銀河が数多く形成されたと判明しました。 私たちの研究グループは、標準宇宙モデルに基づいた 大規模数値シミュレーションを行い、初代星や初代ブラック ホールの形成過程の研究を行ってきました。その成果を 発表します。これからの銀河、ガンマ線バースト、中性水素 の観測によりどのようなことが明らかになると 期待されるのか展望を述べます。