Theory Seminar

KEK 素粒子原子核研究所・理論セミナー


 

TITLE

Exotic baryons from a heavy meson and a nucleon --Negative parity states -- U

 

(in Japanese)

SPEAKER

山口 康宏 氏

(阪大RCNP)

DATE

May 16 (Mon.) 15:30-16:00

PLACE:

KEK Kenkyu Honkan 1F Meeting Room 1

 


    ABSTRACT

我々はヘビーフレーバーを含む中間子であるDbarメソンまたはBメソンと 核子の系におけるエキゾチックな散乱状態の解析を行う。粒子間の相互作用として、 ヘビークォーク対称性に基づいたパイオン、ベクターメソン交換相互作用を用 いる。系を非相対論的に取扱い、シュレディンガー方程式を解くことによってS行 列を求め、その結果として(I,JP)=(0,3/2-)状態に共鳴があることを予言した。 この共鳴はヘビーベクターメソンと核子の系(Dbar*-NまたはB*-N)とのチャンネル 結合によって引き起こされるFeshbach共鳴であることがわかった。