Theory Seminar

KEK 素粒子原子核研究所・理論セミナー


 

TITLE

Exotic baryons from a heavy meson and a nucleon --Negative parity states -- T

 

(in Japanese)

SPEAKER

大古田 俊介 氏

(阪大RCNP)

DATE

May 16 (Mon.) 15:00-15:30

PLACE:

KEK Kenkyu Honkan 1F Meeting Room 1

 


    ABSTRACT

我々はヘビーメソンと核子(DbarN 及び BN)によって構成される、 エキゾチックなフレーバー量子数を持つヘビーバリオンの研究を行なった。 ヘビーメソンと核子間の相互作用はヘビークォーク対称性を反映した 1ボソン交換力として記述する。 安井氏と須藤氏による先行研究では、パイオンによる長距離力のみ考慮されていたが、 今回我々は短距離力の効果も取り入れる。 このとき束縛状態は先行結果と同様に(I,J^P) = (0,1/2^-)状態で得られた。 また、我々はSU(4)フレーバー対称性に基づく、ヘビーメソン-核子系の束縛状態についての解析も行なった。 この解析からクォーク質量が軽い領域と重い領域での物理の違いを議論する。