mail

構成

短寿命核は原子力機構タンデム加速器から供給される36-MeV 3-μAの陽子ビームを厚い標的に照射することで生成されました。原子力機構の質量分析器(ISOL) から一価のイオンとして引き出された短寿命核ビームは、 荷電増幅器によって多価イオンに変換されます。また短寿命核ビームとは独立に大強度の安定核ビームが付属のECRイオン源より供給することができました。
質量数と電荷数の比が7までに電荷増幅された短寿命核と安定核ビームはSCRFQとIHと呼ばれる線形加速器群によって、核子あたり1.1-MeVにまで加速されました。
TRIACは2005年から2011年度にかけて全国共同利用に供され、全国のユーザーに用いられました。しかし当初計画にあった更なる再加速の実現は厳しくかつ、ビーム強度を上げることも難しい現状を踏まえ、施設運営を断念しました。なお、荷電増幅器、線形加速器群は韓国のKAERIに移譲されました。

認められた実験一覧

Subject No.Title of subjectSpokesperson (Affiliation)status
RNB-K01Direct measurement of astrophysical reaction rates through 8LiH. Ishiyama (KEK)Phys.Lett. B 674, 276 (2009)
RNB-K02/K03Nuclear spectroscopy through b-detayed decay of spin-polarized nuclei around doubly magic nucleus 132SnY. Hirayama (KEK) & K. Matsuta (Osaka)Eur.Phys.J. A 47, 138 (2011) & submitted to EPJA
RNB-K04R&D for a test of time reversal symmetry using polarized nucleiJ. Murata (Rikkyo Univ.)Coninuted at TRIUMF
RNB-K05Measurement of the 8Li(a,n)11B reaction cross section for astrophysical interestT. Fukuda (Osaka Electro-Com. Univ.)Analysis is on going
RNB-K06Local field at 111Cd implanted in Highly Oriented Pyrolytic GraphiteW. Sato (Osaka U)Performed without acceleration
RNB-K07Diffusion Coefficient Measurements on Perovskite-type Structured Lithium Ion conductorS. Takai (Tottori Univ.)Analysis is on going
RNB-K08Search for highly excited states of 11Be via 9Li+d reactionT. Teranishi (Kyushu Univ.)Analysis is on going
RNB-J01Search for highly excited states in 10Be using deuteron elastic reaction to 8LiH. Miyatake (JAEA/KEK)Analysis is on going
RNB-J02/J03 RNB-KJ01Diffusion studied in Li ionic conductors by using short-lived radioactive beam of 8LiH. Sugai (JAEA)/S.C. Jeong (KEK)JJAP 42, 6413 (2008), SSI 180, 626 (2009)
RNB-KJ02In-situ measurements of Li diffusion in Li micro-batteries & Nano-scale diffusion experiments in Li ionic conductores by using 8LiH. Ishiyama, S.C. Jeong (KEK)continued at JAEA
RNB-KJ03"Extremely" safe Coulomb excitation of 142BaN. Imai (KEK)canceled by the March-11 earthquake
RNB-KJ04Measurement of the cross section of 12C(a,g)reactionH. Makii (JAEA)Analysis is on progress

学位取得者一覧

川村隆史高係数率下におけるガス検出器 MSTPC の出力変動とその解決東京理科大学2003年度修士(理学)
石川智子天体核反応 16N(alpha, n)19F の反応断面積の直接測定東京理科大学2003年度修士(理学)
橋本尚志Measurement of the 8LI(a, n)11B reaction cross section for astrophysical interest東京理科大学2004年度博士(理学)
Das Suranjan K.A New Measurement of the 8Li(α,n)11B Reaction for Astrophysical Interest大阪電通大学2005年度博士(工学)
石川智子超新星爆発環境下での 12B(a, n)15N 反応率の直接測定東京理科大学2006年度博士(理学)
川村広和時間反転対称性検証実験のための電子横方向偏極度計の開発立教大学2006年度修士(理学)
成田圭吾時間反転対称性検証実験のための偏極保持装置の開発立教大学2007年度修士(理学)
田村春樹酸化物イオン-電子混合伝導体の導電率測定方法と評価鳥取大学2008年度修士(工学)
佐藤弘樹高時間分解能の陽子飛行時間測定装置の開発茨城大学2008年度修士(工学)
豊田健司時間反転対称性の破れ探索実験に用いるトリガー回路の開発立教大学2008年度修士(工学)
川村広和Study of time reversal symmetry in polarized nuclear beta-decay using tracking detector立教大学2009年度博士(理学)

参考文献


English Contact