ー超弦理論から現象論への新たな展望ー

ヒッグス粒子とおぼしき新粒子が発見され、標準模型がいよいよ確立しようとしている 今日、より基礎的な立場から標準模型ないしは、標準模型を超える物理を考える必要性 が高まっています。そこで今年は、弦理論に基づいた素粒子現象論の研究において、今 後重要になると思われる新しいアプローチや考え方を中心に、活発に議論する場を提供 したいと思います。また、弦の非摂動ダイナミクスにかかわる基本的な問題についても、 様々な視点から議論を深められればと思います。


 

ポスターセッションは、今年度も引き続き行い、講演希望者を募ります。 例年どおり、ポスター講演のテーマは特に限定しませんので、積極的なご応募を 期待しています。(但し、会場のスペースの都合で、申し込み多数の場合には、 世話人側で講演数を制限させていただくことがありますので、予めご了承ください。)

  • 日程

    2013年3月18日(月)~21日(木)   (18日午後2時より、21日午後12時半頃迄の予定です。)
  • 会場

    研究本館1階 小林ホール
  • 講演者

    今のところ以下の方々(あいうえお順、敬称略)による講演を予定しています。

       青木 一   
      糸山 浩司  
      川合 光   
      川村 嘉春   
      北本 浩之  
      國友 浩  
      黒木 経秀  
      小林 達夫  
      重森正樹  
      柴正太郎  
      西村 淳  
      花田 政範 
      松尾 善典 
      溝口 俊弥 
      森田 健  
      林 青司
     

  • 参加申し込み締め切り

    2013年1月11日(金)

  • 問い合わせ先

    〒305-0801 茨城県つくば市大穂1-1
    高エネルギー加速器研究機構 素核研 理論センター
    宍戸玉緒(秘書)
    Phone: (029)864-5393
    FAX: (029)864-5755
    E-mail: tamawoあっとpost.kek.jp
  • 世話人

    磯 暁、北澤 良久、夏梅 誠、西村 淳、初田 真知子、濱田賢二、溝口 俊弥、 北本浩之、柴 正太郎、関野恭弘、花田政範、松尾善典、森田 健、吉田 豊

このページの先頭へ

・2013年4月8日(月)講演・ポスターファイルを掲載しました。
・2013年3月5日(火) 講演プログラムを掲載しました。
・2013年1月17日(金) 参加者リスト・ポスター講演概要を掲載しました。
・2012年12月17日(月) WEBページを公開しました。

KEK THEORY CENTER
KEK理論センターKEK理論センター

〒305-0801
茨城県つくば市大穂1-1