English version is here

KEK 理論研究会 2006
「素粒子物理の現状と展望」

3月2日(木) - 3月4日(土)
KEK 4号館1階セミナーホール

Last Update:2006/3/7


参加者へのお知らせ
当日参加費(コーヒー代、お菓子代)として500円を 集めさせて頂きます。ご協力お願い致します。



招待講演者

(理論)
酒井 忠勝 氏(茨城大)     :Hadron Physics in Holographic QCD
岡田 宣親 氏(KEK)       :Model Building
石川 智巳 氏(筑波大)     :Lattice QCD
葛西 真寿 氏(弘前大)     :Cosmological Constant
松原 隆彦 氏(名古屋大)    :Large Scale Structure of Universe
Bogdan Dobrescu 氏(Fermilab) :Extra-Dimension

(実験)
Karim Trabelsi 氏(KEK) :Bの物理(CP violation & Unitarity triangle)
飯嶋 徹 氏(名古屋大) :Bの物理(New physics in rare decays)
吉田 滋 氏(千葉大)   :IceCubeの物理
梶田 隆章 氏(東大) :ニュートリノ実験・観測
榎本 良治 氏(宇宙線研) :CANGAROOの物理
深尾 祥紀 氏(京大) :RHICスピンの物理
久世 正弘 氏(東工大) :HERAの物理
武内 勇司 氏(筑波大) :Tevatronの物理
吉岡 瑞樹 氏(ICEPP) :ILCの物理
吉村 浩司 氏(KEK) :BESSの物理
田中 礼三郎 氏(岡山大) :LHCの物理


KEK理論部
KEK理論研究会2004「素粒子物理の現状と展望
KEK理論研究会2005「素粒子物理の現状と展望」