教員一覧 

 

 

 

教 員 

専 攻 分 野 

研   究   内   容 

e-mail address 

後田 裕 

素粒子物理学実験 

KEKがホストする国際共同実験 BelleおよびBelle IIに参加し、粒子・反粒子の対称性の破れや、レプトン・フレーバーの破れ、レプトン普遍性の破れなどを通して、標準理論を超える新しい物理現象の探索・研究を行います。その他にも、新奇複合粒子の探索と理解など、電子陽電子衝突実験のクリーンなデータを活かした様々な研究を行っています。

 

特に修士の間は、実験遂行に必要となるいずれかの分野(加速器との境界領域、測定器ハードウェア、ソフトウェア、電子回路、計算機など)において、装置・設備に関する研究にも携わってもらいます。

yutaka.ushiroda@kek.jp 

小沢 恭一郎

高エネルギー原子核物理 

ハドロン質量の起源や閉じ込めの機構などの強い相互作用の非摂動論的側面を実験的 に研究している。ハドロンがQCD真空との相互作用により動的に質量を得る機構を実 験的に明らかにすることを目的として、J-PARCにおいて原子核中での中間子の性質を 調べる実験を遂行している。新たな実験を実現するために新たな検出器やビームライ ンの開発を行っている。

また、高温・高密度状態でのハドロン物質とクォーク・グルーオン・プラズマ状態へ の相転移やエキゾチックなバリオンや中間子の性質の研究を通じて、ハドロン閉じ込 め機構の物理を探求している。

ozawa@post.kek.jp

小関 忠

高エネルギー加速器 

粒子加速器の研究を行っています。

特に世界最高レベルのビーム強度を持つ陽子加速器J-PARCにおいて、線型加速器およびシンクロトロンのビーム力学的研究およびビーム強度の増強に向けた加速

器を構成する機器(電磁石、高周波加速、ビームモニタ、超高真空、計算機制御など)の研究開発を行います。

tadashi.koseki@kek.jp

齊藤 直人

原子核素粒子実験

米国ブルックヘブン国立研究所に、スピン偏極した陽子同士を衝突させることができる加速器を世界で初めて実現し、陽子のスピンの成り立ちを調べています。

 

更に、東海村に完成した大強度陽子加速器J-PARCを用いて、ミューオンの磁気/電気双極子モーメントの超精密測定で標準模型を超える物理現象を探索する準備をすすめています。

naohito.saito@kek.jp

筒井 泉 

場の量子論

量子基礎論

場の量子論の非摂動的側面と、量子力学の基礎に関する研究を行っている。

現在の研究テーマは

1)場の量子論の非摂動的側面 

* ゲージ理論とトポロジー

* 一般的な量子化の方法

2)量子力学の基礎

* 量子もつれと非局所相関

* 量子物理量と測定(「弱値」及び「弱測定」)

* 不確定性と相補性

izumi.tsutsuikek.jp 

宮武 宇也 

原子核物理

天体核物理 

原子核構造および核反応機構、短寿命核が関与する天体における元素合成過程の実験的研究や短寿命核をプローブとした物性応用研究。 金や白金、ウラン等の重元素の天体における起源を調べるため、理化学研究所においてKISS(KEK Isotope Separation System)開拓研究を進めている。並行して日本原子力研究機構タンデム加速器施設や理研RIBF、カナダTRIUMF研究所、フランス国立GANIL研究所などで短寿命核ビームによる実験を進めている。

hiroari.miyatakekek.jp 

森松 治 

ハドロン物理理論 

本研究室においては、強い相互作用する系の本質を解明することを目的として、真空中や有限温度、有限密度におけるハドロンの性質、ハドロンの相互作用や核物質の性質をQCDとその有効理論に基いて研究しています。 

osamu.morimatsukek.jp 

 

Top