学際理学講座について




 学際理学講座とは?

学際理学講座は高エネルギー加速器研究機構(KEK)の教官からなる東京大学大学院の併任講座です。

KEKは、素粒子原子核研究所、物質構造科学研究所、加速器研究施設、共通研究施設、大強度陽子加速器計画推進部からなる、 大型加速器による国内外の研究者の共同利用・共同研究の場として平成9年に設置された大学共同利用機関です。
学際理学の各教官は、上記の研究所、施設にまたがっており、KEKの豊富な研究資源を活用して、各分野で最先端の研究を進めています。
 


 行われている研究は?

研究分野は、高エネルギー加速器による素粒子実験からハドロン原子核実験、短寿命核ビームによる応用原子核実験や、 ミュオンビームによる物質構造研究などの実験的研究分野と、場の量子論、素粒子論から、ハドロン物理理論などの理論的研究分野、 さらにこれらの研究基盤を支える加速器物理の研究分野からなります。

研究内容によってKEKのみならず、国際共同研究による海外の研究施設での研究も進められています。

詳しくは、「教員一覧」をごらんください。
 


Top へ